通信の世界

光回線の理解にはフレッツ光と光コラボの仕組みが重要

光回線を理解するにはフレッツ光と光コラボの仕組みを学ぶことが重要です。
まずフレッツ光というのは国内最大の光回線で、そのサービスの名称として使われています。
大手のサービスであることの安心感と、全国サービスであることの利便性が評価されています。
独自の光回線を敷いている会社などもありますが、現在では多くの企業がフレッツ光回線を借り受けてサービスを行っています。

フレッツ光回線を卸売りするようになったのは2015年からで、様々な企業がサービスを提供し始めました。
これが光コラボというサービスです。
光コラボはフレッツ光回線を他の事業者が別のブランドで提供しているもので、従来の光回線をそのまま使えて、回線速度や安定性は維持されるという特徴があります。

それぞれの事業者は自分の会社のサービスとフレッツ光をセットで販売することで、まだ光回線を使っていない人にも利用しやすくする目的があります。
この仕組みによって消費者は色々な光回線を選べるようになり、コラボレーション事業者は自社のサービスを長く使ってもらえ、フレッツ光回線を提供している会社は営業活動をしなくても利用者を増やせるというメリットがあります。

光コラボでは転用という言葉がよく出てきます。
転用とはフレッツ光回線を使っている人が他の会社に契約を切り替えることです。
転用ではフレッツ光回線をそのまま使うので、工事などは基本的に必要ありません。
転用のやり方は電話で転用番号を取得し、コラボレーション事業者がそれを元に手続きを行います。

光コラボを利用する側のメリットは各事業者ならではのサービスを受けられることです。
例えば大手の動画配信事業者であれば、無料視聴が付いてくる特典があります。
光コラボは価格が安くなりやすいというメリットもあります。
一戸建てやマンションによって契約体系が変わってきますが、大幅な月額料金の削減に繋がります。

光コラボではプロバイダーと光回線がセットになっています。
これまではそれぞれの窓口が別々だったので、トラブルの際に困ることもありました。
しかし窓口が一緒になっている光コラボでは問い合わせも分かりやすくなっています。
またフレッツ光から光コラボへ乗り換えても、違約金は基本的に請求されません。
従ってフレッツ光を使い始めたばかりの人でも、違約金を気にすることなく乗り換えができます。
契約の際は事業者からの説明をよく理解してから行いましょう。

関連記事
アーカイブ
ページ上部へ戻る